離婚調停の流れ 復縁

Sponsord Link


復縁を希望する場合の離婚調停の流れはどうなる?

離婚調停とは、双方で離婚の条件に食い違いが見られる場合、第三者を挟んで話合いを行う場の事を言います。

 

夫婦それぞれに一人ずつ調停員が付き、お互いの離婚条件を提示しながら、数回に渡り話合いを行っていく訳なのですが、中には復縁を希望する方も少なくはありません。
お互いが話し合いの結果、復縁を希望し調停を取り下げる事になったり、どちらか一方は復縁を希望しているけど、一方は離婚を希望している、というパターンもあります。

 

今回は、一方が復縁希望で、一方が離婚希望している場合の、離婚調停の流れについてをお話していきたいと思います。
復縁を希望している離婚調停中の方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

 

離婚調停の流れ〜復縁を希望したい場合は?〜

離婚調停を行なっているけど、復縁を希望している場合の流れについてをお話していきます。
まず、離婚調停は離婚裁判とは違い、公的な夫婦の話合いの場とされています。
離婚で冷静に話し合えない場合の為に、第三者を挟んで離婚へ向けての話合いを行うのですが、冷静に話合いをしていくうちに、復縁を希望するというパターンも非常に多いのです。

 

また、離婚調停は離婚を考えている夫婦だけが起こせる調停ではありません。
「離婚」という文字は付いていますが、あくまでも「夫婦の話合いの場を持つ」事が目的である為、離婚を考えていなくても申し立てを行う事が出来ます。
夫婦関係が冷え切ってしまった、相手方が話合いに応じてくれない、自分は復縁を希望している…という方でも離婚調停を申し立てる事が出来るのです。

 

ただし、離婚を考えていない方でも申し立てる事が出来る離婚調停ですが、離婚調停での離婚成立は「絶対」です。
なので、一度離婚して、そこからもう一度入籍する必要が出てくるのですが、最初から復縁を希望しての調停申し立ての場合は、お互い復縁で話が決まった時点で申し立てを取り下げる事が必要です。

 

この様に、離婚でも復縁でも話合いが出来る離婚調停ですが、どちらにしてもお互いの意思を尊重する事が必要となってきます。
冷静にお互い話合う為の公的の場として、離婚調停を上手に利用するのも一つの手段とも言えますね。

Sponsord Link

離婚調停の流れ 復縁関連ページ

費用
調停と言っても、その流れを知らない方が多い為、今回は離婚調停の流れについてをお話しましょう。家庭裁判所で何をするのか、又かかる費用は幾らなのかについてを、詳しくお話します。
DV(ドメスティック・バイオレンス)
DVで離婚を考えている方は、慰謝料を貰って離婚する事をお勧めしています。その際の離婚調停の流れや、DVの証明の必要性等についてを、詳しく説明していきます。
弁護士
離婚を希望している夫婦の話合いがこじれてしまった場合、離婚調停を行います。詳しい離婚調停の流れを説明すると共に、調停不成立となった場合の弁護士の必要性についてもお話していきます。
浮気
今回は、浮気が原因で離婚する場合の離婚調停の流れについてを説明したいと思いますが、特に最近急増している「女性側の浮気が原因での離婚」についてを、詳しくお話していきます。
期間
今回は、手続きから話合いまでにかかる離婚調停の期間についてを、詳しくお話していきます。また、離婚調停の流れとして、不成立になった場合の対処法等についても説明していきたいと思います。