離婚調停の流れ DV(ドメスティック・バイオレンス)

Sponsord Link


DV(ドメスティック・バイオレンス)の場合の離婚調停の流れ

離婚原因の上位にもランクインするドメスティックバイオレンス、略してDVですが、パートナーの力や言葉・経済的な暴力に悩まされる女性は未だに増加の傾向を辿っています。

 

中には離婚したい余り、話合いもろくにせずに、逃げる様に離婚届けを提出し離婚を急ぐ方も見られますが、そういった場合の離婚にこそ、離婚調停を起こす必要があると言えます。
離婚調停での取り決めは、DVによる精神的被害への慰謝料や、接近禁止等の条件の照明を提示する事が出来るので、DV(ドメスティック・バイオレンス)に悩んでいる被害女性は、「絶対」離婚調停を行う様にした方が良いと言えます。

 

DV(ドメスティック・バイオレンス)で離婚調停を行う場合の流れを、簡単に説明していきたいと思います。
DV(ドメスティック・バイオレンス)で離婚について悩んでいる方は、是非参考になさって下さいね。

 

DV(ドメスティック・バイオレンス)の場合の離婚調停の流れとするべき事

DV(ドメスティック・バイオレンス)での離婚は、女性側が我慢してしまう事が多く、離婚に関しても消極的な方が殆どです。
離婚まで至る事が出来ても、パートナーが怖いという感情から、慰謝料や財産分与もろくに話合いが出来ないという女性も非常に多いです。

 

ですが、DV(ドメスティック・バイオレンス)は犯罪です。
暴力を受けた場合、相手には然るべき条件での離婚を要求する必要性があるのです。

 

パートナーのDV(ドメスティック・バイオレンス)で離婚が決まった場合、まずは離婚調停を申告します。
離婚裁判は、調停が不成立となった後でないと、申し立てる事は出来ないので気を付けて下さい。
また、離婚調停では、パートナーからのDV(ドメスティック・バイオレンス)となる証明があると非常に有利に運ぶ事が出来ます。

 

例えば、暴力を受けた日に行った病院での診断書、日常的な言葉の暴力を受けている場合は、会話を録音したデータ、そして日常を詳しく書き綴った日記等も役に立ちます。
離婚に関しての慰謝料や財産分与、親権等は、DV(ドメスティック・バイオレンス)での離婚が一番揉める原因とされています。
特に親権について揉める可能性がありますので、しっかりとDVの証明は用意しておきましょう。
離婚調停でこれらの条件が決まらない場合は、離婚裁判へとステップアップしますが、その場合にも、これらの証明は役に立つので、可能な限り証拠はしっかり集めておく事が必要です。

Sponsord Link

離婚調停の流れ DV(ドメスティック・バイオレンス)関連ページ

費用
調停と言っても、その流れを知らない方が多い為、今回は離婚調停の流れについてをお話しましょう。家庭裁判所で何をするのか、又かかる費用は幾らなのかについてを、詳しくお話します。
弁護士
離婚を希望している夫婦の話合いがこじれてしまった場合、離婚調停を行います。詳しい離婚調停の流れを説明すると共に、調停不成立となった場合の弁護士の必要性についてもお話していきます。
浮気
今回は、浮気が原因で離婚する場合の離婚調停の流れについてを説明したいと思いますが、特に最近急増している「女性側の浮気が原因での離婚」についてを、詳しくお話していきます。
復縁
どちらか一方が復縁を希望していたり、夫婦関係をどうにか改善したい場合にも、離婚調停を申し立てる事が出来るのを知っていましたか?夫婦の関係を改善する為の離婚調停の流れについてを、説明していきます。
期間
今回は、手続きから話合いまでにかかる離婚調停の期間についてを、詳しくお話していきます。また、離婚調停の流れとして、不成立になった場合の対処法等についても説明していきたいと思います。