離婚調停の流れ 費用

Sponsord Link


離婚調停の流れや気になる費用〜家庭裁判所では何をするの?

近年、日本の離婚率は急上昇し、3組の夫婦の内、1組が離婚してしまうという事態に陥っています。
女性の社会進出により女性の自立により増えた離婚ですが、中には離婚についての知識を知らないまま離婚してしまう方もいらっしゃいます。

 

離婚した後に「こうしておけば良かった!」と後悔しない為にも、離婚についてを詳しく勉強する必要があるのです。
今回は、離婚調停の流れについてをお話していこうと思います。

 

お互い離婚の意思はあるけれど、離婚についての条件が合わない場合、離婚調停で話合う事になります。
離婚調停は、家庭裁判所で行われ、男女各一名ずつの調停員を挟んで、離婚に向けての話合いを行います。

 

家庭裁判所というと、身構えてしまう人も多いと思いますが、離婚調停は裁判とは違います。
あくまでも「話合い」の場ですので、裁判の様な堅苦しい雰囲気ではありません。
しかし、調停成立後は、調書が作成されるので、相手方が条件を違反した場合にも、強制執行を行う事も出来るので、少しでも話合いにズレを感じたら、離婚調停で話合う事をお勧めしています。

 

では次に、離婚調停を行う際に気になるポイントとして、費用についてのお話をしていきたいと思います。

 

離婚調停の流れや費用〜気になる離婚調停の費用について

離婚調停は、離婚で話合いが平行線となった場合、家庭裁判所に申請する事によって、調停員を挟んで話合いの場を設ける事になります。
第三者に中立な立場として入って貰う事で、お互い冷静に話し合えるだけでは無く、離婚成立後に相手方が離婚条件を違反した場合にも、作成された調書によって強制執行出来る等の利点が挙げられます。

 

その為、少しでも離婚の話合いがズレていると感じる場合、離婚調停を行う事をお勧めします。
しかし、その際に気になるのが、調停を起こす際の費用だと思います。
今回は、離婚調停にかかる費用についてを説明しましょう。

 

家庭裁判所で行われるという事もあり、費用もいくらかかかるのでは?と心配される方も居ますが、離婚調停でかかる費用は、調停申し立て費用の1200円と切手代のみとなっています。
この切手代は、裁判所によっても変わってくるので、必ず確認する様にして下さいね。

 

きちんとした裁判とは違い、離婚調停はとてもリーズナブルに行えるのです。
お互い離婚について取り決めを決めたとしても、万が一の事を考えると、公的にも通用する調書を作成する事の出来る、離婚調停で離婚条件を決めた方が、今後も安心出来るのではないでしょうか?

Sponsord Link

離婚調停の流れ 費用関連ページ

DV(ドメスティック・バイオレンス)
DVで離婚を考えている方は、慰謝料を貰って離婚する事をお勧めしています。その際の離婚調停の流れや、DVの証明の必要性等についてを、詳しく説明していきます。
弁護士
離婚を希望している夫婦の話合いがこじれてしまった場合、離婚調停を行います。詳しい離婚調停の流れを説明すると共に、調停不成立となった場合の弁護士の必要性についてもお話していきます。
浮気
今回は、浮気が原因で離婚する場合の離婚調停の流れについてを説明したいと思いますが、特に最近急増している「女性側の浮気が原因での離婚」についてを、詳しくお話していきます。
復縁
どちらか一方が復縁を希望していたり、夫婦関係をどうにか改善したい場合にも、離婚調停を申し立てる事が出来るのを知っていましたか?夫婦の関係を改善する為の離婚調停の流れについてを、説明していきます。
期間
今回は、手続きから話合いまでにかかる離婚調停の期間についてを、詳しくお話していきます。また、離婚調停の流れとして、不成立になった場合の対処法等についても説明していきたいと思います。