離婚調停 平行線

Sponsord Link


離婚調停での話合いが平行線の場合は?

離婚をする際、結婚する時とは違い、様々な条件を決めておかなければなりません。
夫婦での共有の財産の分与や離婚の際の慰謝料、子供が居る場合はその子供の親権や養育費等の取り決めを行わなくてはなりません。
その際に、夫婦それぞれの主張が食い違うというのは、良くある事です。

 

離婚の条件が当事者同士でまとまらない場合は、中立の立場である調停員を交えた離婚調停を行います。
離婚調停では、それぞれの主張を調停員が考慮した上で審判が出されますが、全ての離婚調停がそこで成立する訳ではありません。
話合いの内容によっては、平行線を辿った結果、不成立となってしまう事もあるのです。

 

では、肝心の離婚調停が不成立となってしまった場合、どの様な手段を取れば良いのかについてをお話しましょう。
また、正当な離婚での慰謝料を貰う為にも、弁護士を雇った方が良いと言われている離婚問題ですが、弁護士を雇った際の費用に関しても、説明していきます。

 

離婚調停が平行線を辿り、不成立になってしまった場合は?

離婚調停での話合いが平行線を辿った結果、不成立となってしまった場合において、3つの手段を取る事が出来ます。

 

  • 当事者同士での話合い
  • 弁護士を雇い、離婚訴訟を起こす
  • 審判離婚を起こす

 

以上ぼ3つのパターンがありますが、当事者同士での話合いは、正当な慰謝料を貰える確立が低くなるだけでは無く、当事者同士での話合いは、離婚調停での調書程の効力がありませんので、再び揉めてしまう恐れもあります。
お互い冷静に話合いが出来ない場合は、避けた方が良い方法でしょう。

 

次に弁護士を雇って訴訟を起こす方法です。
離婚調停でこじれてしまうという事は、どちらか一方が無茶な要求をして来たり、慰謝料や養育費等に関して、支払う意志が全く見られない場合が多いのです。
更に離婚訴訟では、裁判費用はかかりますが、物事を公正に判断し審議を下してくれるので、離婚調停でこじれてしまった方は、訴訟を起こす事が多いのです。
弁護士を雇い、訴訟を起こすのであれば、最低でも100万程度のお金が必要だと覚えておきましょう。

 

次に審判離婚ですが、お互い離婚に応じているものの、細かい条件が噛み合わず、止む終えず離婚調停を不成立にしてしまった場合に用いられる方法です。
あまり一般的では無いそうですが、相手方が話合いに応じない場合にも用いられる方法の一つです。

 

以上が、離婚調停が不成立になった場合に行われる3つの方法です。
それぞれの状況に合わせて解決法を選ぶと良いでしょう。

Sponsord Link

離婚調停 平行線関連ページ

服装
離婚の条件で揉める事は良くある事です。そんな時は離婚調停を行いますが、流れや調停の進め方についてを説明します。又、出廷時の服装等についてもお話しします。
拒否
離婚の条件で夫婦の意見が割れた時、離婚調停で調停員を挟んでの話合いとなりますが、調停での話合いを拒否された場合や、財産分与を拒否された場合の対処法をお話します。
贈与税