離婚調停 服装

Sponsord Link


離婚調停では服装もキーポイント?!

日本では、年々離婚率が急上昇しており、今では結婚する3組の夫婦の内、1組は必ず離婚しているというデータが発表されている程です。
また、女性の社会進出が目立つようになったのも、離婚率が上昇している背景とも言えるでしょう。
女性が自立した生活を送れる様になった事で、離婚に踏み切る夫婦も多くなっているのだと感じます。

 

離婚の理由は、性格の不一致やパートナーのDV問題、嫁・姑問題等と色々ですが、中には「少し合わない」と感じただけでも離婚する夫婦が多くなってきているのも問題視されています。
離婚は、結婚の時の様に、紙一枚で出来るものではありません。
結婚の時に行った夫婦の取り決めを、離婚時にどうするか話し合わなければならないのです。

 

予めお互い離婚に同意し、条件にも異論が無い場合は別ですが、離婚条件に関して双方で納得がいかない場合は、離婚調停を行います。
今回は、離婚調停の流れや進め方を説明すると共に、実は服装も離婚調停を有利に進める為のキーポイントだという事を、説明していきます。

 

なぜ、離婚調停で服装がポイントとなるのか?

まずは離婚調停の流れについてを説明しますね。

 

離婚調停は、月に一回家庭裁判所で行われます。
男女各一名ずつ調停員が付き、中立の立場となって離婚条件の調整を行ってくれるのです。

 

離婚調停の進め方としては、調停員にお互いの主張をしながら、調停員からの質疑応答に応える形で進んでいきます。
これが数回行われ、この数回の内に話合いが成立しなければ、次のステップへと進みます。

 

この離婚調停ですが、実は出廷する時の服装も、調停を有利にする為のキーポイントとなる事を知っていましたか?

 

派手な服装やメイク、髪型、また話し合いの場での話し方等も、調停員の心象に影響を与えてしまいます。
調停員の心象が悪くなってしまうと、離婚の話合いにも影響が出てきてしまう為、服装は清潔感を重視した服装で挑む様にしましょう。

 

自分に有利な条件で離婚を成立させる為には、様々な面で気を使わなければいけないという事なのですね。

Sponsord Link

離婚調停 服装関連ページ

平行線
全ての離婚調停が成立するとは限りません。中には話合いが平行線を辿り、不成立となった場合、弁護士を雇って裁判を行う方法の他にも手段がある事についてを、詳しくお話していきます。
拒否
離婚の条件で夫婦の意見が割れた時、離婚調停で調停員を挟んでの話合いとなりますが、調停での話合いを拒否された場合や、財産分与を拒否された場合の対処法をお話します。
贈与税